ゴキブリ駆除後のゴキブリ対策はハーブがおすすめ

ゴキブリ駆除を行ったら。ゴキブリが100%出てこないかというと、そのようなことはありません。ゴキブリが出てきてしまう可能性はゼロではないので、ゴキブリ対策をしておく必要があります。でも、お子様やペットがいるご家庭では、ゴキブリが出て殺虫剤を使うのは嫌だというケースもあるでしょう。身体に安心の方法でゴキブリ駆除後の対策を行いたい場合、ハーブがおすすめです。

ゴキブリ対策にハーブが有効って本当?

ゴキブリ対策としてハーブが選ばれているのには理由があります。それは、ハーブに含まれる成分が、ゴキブリを寄せ付けない効果があると言われているからです。ゴキブリが苦手としている香りがしたり、ゴキブリが苦手とする成分が含まれていたりするので、ハーブを使うことで、ゴキブリを寄せ付けにくい状態にすることができます。駆除というわけではありませんが、寄せ付けないという意味では、ゴキブリが出てきにくくなるでしょう。これなら、お子様がいるご家庭やペットを飼っているご家庭でも取り入れやすいです。

どのようなハーブがゴキブリ対策に向いているのか?

では、どのようなハーブを使うとゴキブリを寄せ付けなくすることができるのでしょうか。ゴキブリ対策に使えるハーブはいくつか種類がありますが、ここでは、比較的取り入れやすいハーブについてまとめておきます。まず1つ目は「ミント」です。天然ハーブとして有名なミントは、ゴキブリだけでなく虫を寄せ付けなくするものとして注目されています。アロマオイルを精製水に混ぜてスプレーするだけで、手作りのゴキブリ避けスプレーが完成します。玄関や台所など、ゴキブリが出てきやすい場所にスプレーしておきましょう。2つ目は「タイム」です。ゴキブリ避けに効果があると昔から言われているハーブで、スーパーの香辛料売場で購入できます。香りが強く、この香りがあることでゴキブリは寄り付きません。3つ目は「ローズマリー」です。シソ科のハーブで、ゴキブリが苦手な香りを出していると言われています。料理にも使われるハーブなので、ご家庭で育てることで、ゴキブリを寄せ付けなくすることができるでしょう。アロマオイルも販売されているので、アロマオイルを使って精製水を合わせたスプレーにしても良いでしょう。

ゴキブリ駆除後の対策はハーブで

ゴキブリ駆除をした後のゴキブリ対策はハーブで行うとおすすめということをお伝えしました。ハーブの中でも特に入手しやすい3種類「ミント」「タイム」「ローズマリー」をぜひ活用してみてください。