ワイヤーガラスに交換したいとき大事なこと

ガラスの中にワイヤーはいった網入りガラスがあり、ワイヤーが入っていて見た目悪い、できればきれいな透明ガラスに変えたい、どうして網入りガラスを使わなくてはならないかと疑問を持つ方が多いです。そして、網入りガラスは建築基準法で定められてる防火設備が必要案建物で利用される防火設備用ガラスなのです。網入りの名の通りガラスの中にワイヤーは言っていて、このおかげで火災時に炎の侵入を防げるのです 。

網入りガラスは火事に強い

網入りガラスは1枚のガラス中金属製ワイヤーが入っていて、網入りガラスもほかのものと同じようにメーカーにより複数の形状の網入りガラスがあります。ワイヤーのはりかた1つ取っても一般的なひし形になるもの、正方形になるもの長い長方形になるものなど出ず。どれもワイヤーが入ってることで、火災時ガラスが窓枠から脱落するの防止できるように作られています。網入りガラスは防火地域が必要な建物でよく利用されており、火災が起きた時、ガラス熱せられて割れたりすることがあります。ガラス割れてしまうと、外から炎侵入したり、反対に内側の炎が周りに飛び火することもあります。

耐熱ガラスも話題

防火地域、防火設備必要な建物は網入りガラスが用いられますが、最近ワイヤーはいってない透明耐熱強化ガラス選ばれる人がいます。透明な耐熱強化ガラスは見た目が良くて、窓からの景色、外からの建物景観息を使う人に人気あります。そして網入りガラスを選ぶ人もいます。また網入りガラスのメリットですが、耐熱強化ガラスに比べ値段やすくてサイズ、厚み、製品などにより異なりますが、耐熱強化ガラスは網入りガラスに比べて約1.5~2倍ほど値段高いです。割れ替えなど緊急時に景観など気にしてない時は、値段やすい網入りガラス選ぶ方が多いです。

熱割れしやすい性質である

網入りガラスは熱割れしやすいガラスであり、熱割れは日射熱などでガラスのエッジ部とガラス中央部でくぼみできガラスに日々入ることです。網入りガラスはワイヤーは言っており、日射熱で暖められたところがあつくなりやすくて、冷えたアルミサッシ部で冷たくなりやすく冬場の午前中から午後にかけ結露など相まって熱割れ起きやすいです。そして、さび割れするガラスでもあり、網入りガラスは金属のワイヤーはいっていて、雨、結露により、サッシの隙間に水はいってガラスの切断面でむき出しとなったワイヤーに水接触してさび発生したりします。金属はさびることにより膨張が起き、ガラス内部のワイヤーがさび膨張すれば、ガラスが内部から割られてしまうさび割れが起きます。

まとめ

網入りガラスについて紹介しましたが、交換費用や相場について知ってもらいたいです。そして、防火区画で防火設備になるガラスを使わなくてはならなければ、網入りガラスは選択肢に入るでしょう。いろんな種類のガラスがあり、値段、機能性などほかのものと比較して、最適な1枚選ばれることが良いです。ガラスのことは専門家の意見を参考にしましょう。