ペアガラスのメリットと交換時のガラスの選び方

冬の暖房費の高騰、煩わしい窓ガラスの結露、これがストレスと家計を圧迫していくことがあります。その点で断熱性を高めたペアガラス、あるいはエコガラスが注目され、これらが結露を防ぎ、断熱性を高めており、室内を快適にしてくれます。1枚ガラスからエコにもなるペアガラスに交換することはできるでしょうか。そのガラスのメリットやガラスの種類や費用、選び方のポイントを説明します。

ペアガラスは結露を防ぐ

ペアガラスは複層ガラスと呼ばれていて、2枚のガラスでできています。そのガラスとガラスに間には、空気の層があり、その空気の層が外と内の断熱になり、外の冷たい空気を中に伝えにくくし、一方で室内の温かい空気を外に逃げにくくします。熱の移動を抑えることで、結露防止になるという構造です。結果として結露防止だけでなく、冷暖房費の節約になりますし、外出先から帰宅しても、不快な部屋の温度がエアコンの作動で早く快適な温度になるということで、コンフォータブルなお部屋にすることができるのです。それでペアガラスはエコガラスとも呼ばれており、ペアガラスにしたいという家庭が増えているのも頷けます。

エコガラスへの交換

ペアガラスそのものの寿命により、あるいは1枚ガラスからエコガラスへの交換は可能であり、そうすることで結露防止対策をすることができます。ペアガラスからペアガラスへの交換は問題ありませんが、1枚ガラスからペアガラスへの交換となると、可能ではあるものの、少し加工する必要があり、アタッチメントを使う作業をしますので、少しだけ窓が小さくなってしまいます。エコガラスの種類としては「高断熱型」のもの「遮熱高断熱型」、そして「高断熱型真空ガラス」といったものがあります。そしてエコガラスには、その内部に「Low-Eガラス」と呼ばれる特殊金属膜が組み込まれていて、これが冷暖房効率を高めます。それで交換の際には、設置場所やどのような効果を出したいのか、そして予算を考えながら選ぶことができます。

エコガラスの交換に関わる費用

一番気になるのは交換費用に違いありません。それはガラスの大きさと厚さ、種類、枚数、そして現状がどうなっているのかにかかってきます。2階や3階で交換が容易ではない場所の場合には足場が必要になり、その分さらに費用がかかることもあります。一般的に標準的なものは5万円前後、遮断や高機能なものの場合、もう少し費用が上がります。高遮熱・高機能のエコガラスを選ぶ場合には、8万から10万円ほどかかるかもしれません。それで断熱や結露防止を最大限高めたい場合には、費用を多く出すことができるでしょう。